キャッシング Q&A
自己破産するとどうなる?
多重債務者の救済策のひとつとして自己破産があります。自己破産を申し立てて破産宣告を受け、借金の免除が許可された場合、借金が帳消しとなり、人生を再出発することができます。
自己破産をすると選挙権がなくなってしまうとか、自己破産したことが戸籍に記載されるとイメージしている人もいるかもしれませんが、そのようなことはありません。また、生活に最低限必要な家財道具や衣服などが差し押さえられることはありません。
自己破産による制限や不利益としては、次のようなものがあります。
●免責許可決定が確定するまで、弁護士や税理士、司法書士など、職業上の資格制限がある。
●官報に住所・氏名が掲載される。
●最大7年間、クレジットカードを作ったり、新たな借入れができなくなる。

自己破産は借金返済に行き詰まった人を救済するための制度です。とはいえ、返済に困ったら自己破産すればいいや、などと安易に考えるのはやめましょう。ギャンブルや浪費で大きな借金を抱えた場合は、免責許可がおりない場合もあります。
マネーカテゴリ