キャッシング Q&A
多重債務とはどういう状態のこと?
多重債務とは、すでにある借金の返済のために借金をするということを繰り返し、利息や借金の額が雪だるま式に増え続ける状態です。
多重債務に陥るパターンとしては次のようなものがあります。

●借金の返済のための借入れを行って…
●低所得や会社の急な倒産のため、生活費のために借金をして…
●クレジットカードで無計画に買い物をして…
●借入れの前にきちんと返済計画を立てずに借りてしまい…
●知人の連帯保証人になったが、知人が失踪してしまい…
●悪徳業者の被害にあって…

多重債務に陥った場合の解決方法としては、次のようなものがあります。

任意整理
弁護士などに協力してもらいながら、借り手と貸し手が話し合って借金の減額などの交渉を行う方法。
調停による整理
借り手と貸し手の間に簡易裁判所の調停委員が入って、両者の合意を成立させる方法。
個人再生手続き
一定の額の債務を分割して返済する計画(再生計画)を立て、裁判所が再生計画を認めた場合、計画に従った返済をすることで残りの債務が免除される方法。
自己破産
裁判所に破産手続き開始の申し立てを行い、免責許可決定を受けると借金が免除になる方法。

このように様々な多重債務の解決方法がありますが、何より多重債務にならないことが基本です。将来の収入の見通しを慎重に行い、お金を借りる時は無理のない返済計画を立ててからにしましょう。もし返済が行き詰まったら、返済のための借金はせずに、まず家族や身の回りの人にその事実を伝え、弁護士などの専門家に相談してください。
マネーカテゴリ