キャッシングの基礎知識
(1)キャッシングとは
「キャッシング」という言葉には厳密な定義があるわけではありませんが、一般的に、金融機関から個人が、使用目的の自由なお金を借りることを指します。キャッシングでは保証人や不動産などの担保を要求されることはほとんどなく、多くの場合、カードを使用してATM(現金自動支払機)から融資を受ける方式がとられています。
同じく金融機関からお金を借りる「ローン」と、キャッシングは何が異なるのでしょうか。ローンには、住宅ローンや自動車ローンなどのお金の使用目的が決められていて担保が必要なものと、使用目的が自由な無担保のフリーローン、カードローンといったものがあります。これらとキャッシングを厳密に分ける場合、そのポイントは返済方法です。ローンはリボ払いで毎月少しづつ返済していくもの、キャッシングは分割か一括で返済するものとされており、クレジットカード会社ではカードローンとキャッシングとが厳密に分けられている場合が多くなります。
とはいえ、銀行や消費者金融などでは、有担保であったり使途制限がある金融商品とわかりやすく差別化するために、無担保・使用制限が無い商品は、返済方法にかかわらず「キャッシング」という名前で呼ばれることがあります。呼び方は金融機関によって様々なので、借入れをする場合は、名称に頼らず、返済方法などを確認した上で利用する必要があります。

キャッシングは、借入れ先によって「銀行系」「消費者金融系」「信販系」などに分けられます。
銀行系のキャッシングは、その他の業者に比べ、借入れのための審査の基準が多少厳しめとされていますが、借入れの限度額が高く、金利が低めな傾向があり、借り入れの際の安心感があることが大きな特徴です。近年では、大手都市銀行を中心に消費者金融と提携するケースが増えています。
消費者金融系のキャッシングは、銀行系に比べると限度額が少なめで、金利もやや高めの傾向がありますが、審査やカード発行がスピーディで、利用できるCDやATMも多く、中には無利息期間などのサービスもあるものもあり、使い勝手が良いことが特徴です。
信販系のキャッシングは、業者によって幅はあるものの、全体的には限度額や金利については消費者金融系とほぼ同程度のようです。ショッピング機能や様々なサービスが付いていたり、手持ちのクレジットカードでお金を借りられる手軽さや安心感があります。
関連項目
(2)お金を借りる方法
マネーカテゴリ